Joyscheduler

Joy scheduler
ベーシック機能に加え、最適計画機能も装備した汎用生産自動スケジューラ

概要

JoyScheduler は、DB 作成ユーティリティ、本体(MRP 資材所要量展開、計画機能、表示編集機能)、および外部システム連携機能から構成されている、低価格自動スケジューラー

Joy scheduler

特徴

最適計画

遺伝的アルゴリズム(GA)+焼きなまし法(SA)を応用した計画処理により、自動的に最適な計画をスピーディに探索します。

DBR(Drum Buffer Rope)機能を駆使してTOCを実現

簡単な設定によりTOCを実現できます。

工程毎に優先順位計画が可能

色・形状などの処理条件を考慮し、工程毎に製造順位を変更することができます。

外部システムとの親和性追求

ERP、生産管理システムとのデータ連携が簡単にでき、外部からJoySchedulerの起動、停止、計画処理等が簡単に実現できます。

加工組立

基板製造、電子部品、自動車部品等の加工組立工程に対応します。また、食品、薬品等のバッチ生産工程にも対応できます。

わかりやすい計画評価機能

スケジューリングした結果を納期遅れ、リードタイム、滞留時間等の評価値としてレーダチャート上でわかりやすく表示します。

高速高機能で低価格

従来から販売されていたスケジューラの機能に加え、最適化機能を装備し180万円からという低価格を実現しました。

システム構成

Joy scheduler

#
製品についてのお問い合わせ
  • お急ぎのご用件はお電話で
  • WEBサイトからのお問い合わせ