ホーム > 製造業の導入事例

製造業の導入事例

製造業の導入事例

事例1

お客さまプロフィール
業種 工業薬品、医療品、試薬等の製造、販売
従業員 80名
導入システム 生産、販売管理システム(CJSスクラッチ開発)
導入前の背景、課題
背景
  • 経営に必要な数値提供が人の手を介して実施されており、製品アイテムの増加から人を介しての計算に限界がある。
  • 工場別、製品別の収支報告に時間がかかる。
  • 原価計算結果が営業戦略、生産戦略に活かされていない。
課題
  • 販売価格決定の為の原価計算の仕組みが標準化できていない(業務の属人化)。
  • 製品の収支状況を把握ができていない。
  • 原価計算の『見える化』ができていない。
導入システムの概要とポイント
基幹システムの様々な情報を統合して、工場別、製品別の原価計算を実現。
導入後の効果と今後の展望
効果
  • 工場別、製品別の収支状況が把握でき、採算部門、アイテムの選別が可能。
  • 取引先別の利益計算の精度が向上し、営業戦略上の重要なキーデータの提供が可能。
  • 原価計算の社内ルールをシステム化することにより、業務の標準化が実現できた。
展望
  • 原価管理システムにて算出した製造原価、販売原価をベースに販売価格を決定する為のプロセスをシステム化 する。(次期見積管理システム)
  • 原価管理システムにて算出した実際原価と想定原価(原価目標)の差異分析を行い、生産現場のコストダウン施策に活用する。



戻る このページのトップへ